ザイザルというアレルギー症状を抑える薬についてのあれやこれやをまとめるサイトです。とは言うものの個人的にザイザルについて気になったことを忘れないようにしておこうという、備忘録のような感じでまとめています。

ザイザルまとめ

ザイザルとはどのような症状に効く薬なのか

ザイザルは、レボセチリジン塩酸塩を主成分としてイギリスの製薬会社グラクソ・スミスクラインが開発した第2世代抗ヒスタミン薬で、ヒスタミン受容体を遮断することにより、ヒスタミン受容体の作用によるアレルギーの症状を緩和することのできる医薬品です。1錠5mgの錠剤で、成人は通常1日1回1錠を服用し、最大で1日10mgまで服用することができます。また、小児においては1日2回2.5mgずつの服用とされています。ザイザルの服用が効果的なアレルギー症状としては、花粉症などのアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、湿疹、痒疹、アトピー性皮膚炎などが挙げられます。なかでも特に、アレルギー性鼻炎による鼻水や鼻づまり、くしゃみに対する効果が高いとされています。また、蕁麻疹や皮膚炎によるかゆみを抑えます。ザイザルの服用は対処療法であり、アレルギー症状のを緩和することは可能となっていますが、アレルギーそのものを治療することはできません。また、花粉症においては花粉の飛散しはじめるシーズン以前に予防的に処方されることもあります。ザイザルは服用後1時間程度で効果が現われるとされ、即効性が高く、また、効果の持続時間も長い医薬品であるとされています。また、標的選択性が高いため、他の抗ヒスタミン薬に多くみられる副作用である口の渇きなどといった副作用が軽減されているほか、眠気を引き起こす度合いも軽減されています。ザイザルの服用による主な副作用としては、眠気や頭痛、疲労、倦怠感、めまい、口の渇き、食欲不振、吐き気などの症状が報告されています。また、ザイザルは処方薬で一般の販売はされておらず、医師による診察を受け処方される必要があります。

ザイザルを服用する前に副作用を調べる

ザイザルはアレルギー症状に非常に効果的な薬であり、花粉症の時期などの強い味方ですが服用前にはどのような副作用があるのかある程度知っておく必要があります。副作用は一人一人異なるもので相性によって、副作用が出たり全くそのような症状が感じられなったりするものですが、事前にどのような副作用があるのか知っているのと知らないのとでは大きな差があるので注意をしておかなければなりません。まず、多くの人が直面しやすい副作用として眠くなるというものがあり、これはザイザルにかぎらず様々な薬で見受けられる症状です。ザイザルに関しても例外ではなく、服用してから1-2時間後に眠気のピークが訪れることが多いので、飲む時間によっては眠気をこらえるのに苦労することになります。眠気のことを知らずに朝に服用をしてしまえば、日中眠気を我慢しなければならないことになり運転などの業務をする場合、危険が伴うことになるので副作用は必ず抑えておく必要があるのです。それ以外には体がだるいといったものであったり、頭痛や吐き気食欲不振などの副作用があらわれることもあり、重い副作用では肝臓に対する重い症状、アナフィラキシー様症状などが出て手足の冷えやしびれ、血圧低下に意識が薄れるといった症状が現れることもあるのでこのような症状が現れた時には特に注意をしましょう。薬があっていないと感じた時には、直ちに服用をやめて病院に行って相談をしてそのまま飲み続けても問題がないのかを確認する必要があります。基本的には重い副作用が出づらい薬ではあるのですが、これは個人差があるものですから相性が合わないと感じた時には医師に相談をするのが大事なことになります。

ザイザルを入手するにはどこが良いのか

鼻水や鼻炎、くしゃみなど花粉症が原因で現れるさまざまな症状に対して、高い効力を持つ薬がザイザルです。花粉症が発症してからでも効果を発揮しますが、予防的に服用することも可能です。また花粉症だけでなく、じんましんや皮膚炎などの治療にも広く用いられています。比較的新しい薬でもあるザイザルは、現在のところは医師に処方してもらって入手する方法が一般的です。眠気などの副作用も強いため、医師が患者の症状や職業なども考慮したうえでザイザルの処方が適切であるかどうかを判断する必要があるからです。したがって市販薬は存在せず、ドラッグストアや薬局でもザイザルを手に入れることはできません。ただ病院以外でザイザルを購入する方法が無いわけではありません。最近はインターネットを利用して薬の個人輸入を代行してくれるサイトも数多く存在しており、そのようなところを利用すれば医師に処方してもらうことなくザイザルを入手することができます。病院へ行かなくてもザイザルを購入することができれば、わざわざ病院へ赴く必要もなくなりますし、医師へ支払う診察料も発生しません。つまり時間的なコストも金銭的なコストも抑えることができるのです。しかもまとめて購入すれば、割引サービスなどによりさらにお得に購入することもできます。ただし個人輸入で薬を利用した場合、副作用などにより万が一身体に悪影響がでてしまってもすべて自己責任となります。また他の薬と併用すると思わぬ影響がでてしまうこともあるので、安易な自己判断での使用には注意が必要です。まずは医師の診断を受けてザイザルを服用しても問題が無いことを確認してから、個人輸入代行サービスを利用して購入するようにするといいでしょう。